ソムリエール全巻!!ソムリエはワインだけじゃ無い!!

資格

ソムリエール見習いの樹カナがワインを通して人と人との心を通わせる物語。
自分を援助した足長おじさんことジョン・スミスや詐欺師とまで謳われていた実の父、
樹光一のことを探究するのもこの話の見所。
作中で見られるワインに関する歴史や知識、
ワインの飲み方、接し方などかなり詳しく描かれている。
 
 

ソムリエ色々なソムリエがあるんですね

ソムリエ色々なソムリエがあるんですね、
今日はそのお話です。
まずは、紅茶ソムリエ
紅茶好きな人が趣味で取得したり
飲食店での仕事に活かしたい人が
取得を目指す資格なんですが、
紅茶の美味しい淹れ方とかフレーバー
などの専門知識を要する紅茶ソムリエの需要
年々高まっているようですね

この資格は日本紅茶協会が認定する資格
正式名称はティインストラクターです。
その中でも実務経験や資格認定試験により
ジュニア、シニア、マイスターと
ランク付けされているんですが
他にも紅茶の資格ってあるんですね
財団法人日本能力開発推進協会が
主催認定するティスペシャリスト
日本安全料理協会が

紅茶資格について | 紅茶アドバイザーになるには? | 日本安全食料料理協会

主催、認定する紅茶アドバイザー
紅茶アドバイザーの上には
紅茶マスターと言うのもあります
紅茶アドバイザーの知識に加え
開業のための知識も試験内容に含まれている
お店経営したい人向けかなと言う所です。




紅茶が有ればコーヒーもある
コーヒーソムリエ
日本安全食糧料理協会が主催認定する
資格なんですが
コーヒー豆の産地種類美味し生豆の見分け方
焙煎楽しむための知識
ラテアート、コーヒーカップの種類まで
問われます。

コーヒー資格について | コーヒーソムリエになるには? | 日本安全食料料理協会

オリーブオイルソムリエ
オリーブオイルの本場イタリアでは
1965年にオリーブオイルソムリエ協会が
設立されたようで、一口にオリーブオイルと言っても
品種だけで700以上イタリアには存在している
と言われています、すごい数ありますね
その中からオリーブの栽培環境から
オイルの製法、抽出方法、保管方法
ティステイング方法など
視覚、嗅覚、味覚から
オリーブオイルを学んでいくという
料理に合うワインをオススメするように
料理に合うオリーブオイルを提供するのが
オリーブオイルソムリエ。

OLIVE JAPAN official Video – Live together with Olive Oil

日本にもオリーブオイルソムリエ協会がありまして
レッスンを受けて試験に受かると
オリーブオイルソムリエの
認定書とバッジが与えられるそうです。



シガーソムリエ
飲まないで吸う
葉巻ですね日本ではあまりなじみのない
シガーソムリエですが
20年前から国際シガーソムリエ
協会が認定しています

葉巻の基本知識からペアリング
などを学びその楽しみ方なども
含めて総合的にアドバイス
出来る人の事を言います

最後は
温泉ソムリエ
これは結構有名ですね
飲める勿論飲泉出来る温泉もありますけど
それはさて置き
温泉ソムリエは温泉ソムリエ協会が認定する
ソムリエ
温泉には付き物の
温泉分析書の読み方や
効能そして温泉の入浴方法など
についての正しい知識を持つ
人の事を言います。

半日の講習か1泊2日の認定ツワーに
参加すればソムリエになれちゃう
さらにオンラインでの受講も可能と言う事ですから
比較的お手軽な方かなという気がします。

温泉ソムリエ協会公式HP
↓↓↓
http://onsen-s.com/

そもそもソムリエってどんな職業だったのか?

もともとは荷物を運ぶ動物の使い手を指していたんだって
ちょっとびっくりですが
王様の荷物の運搬を取り仕切っていた
ことから、宮廷で食事やワインを
取り仕切る人を指すようになって
やがてそれがワインに特化されて
ワイン係になり専門職になっていった
それが転じて現代ではあるジャンルに
精通したスペシャリストを指すようになったのだそうです。



タイトルとURLをコピーしました