ポリフェノールに注目!!MIND食とは?

食品

MIND食とは?

今世界的に注目されている脳にいい食事がマインド食といいます。
その食事法なんですけど2015年にアメリカのシカゴ
ラッシュ大学で考案された食事法なんです。
 
 
マインド食とはどの様なものかと言いますと、
心臓病の予防やダイエットにいいとされている
地中海式食事法とラッシュ食と言う高血圧の予防や改善に
いい食事方の二つの食事方の組み合わせたものなんです。
 
 
脳の健康の観点から
積極的に食べるべき食べ物10種類選んでいて
逆になるべく控える食べ物5種類を指定していて
それに気を付けながら食事を取りましょうと言う事であります



実践の効果は勿論あるのでしょうか?

実践の効果は勿論あるんですが
アメリカラッシュ大学で研究した結果
認知症になっていない高齢者の方923人を対象に
平均4年半に渡って認知の衰えが進んだかどうか
と言うのを追跡調査しました。
 
 
三つののグループで比較したのですが、
厳格にマインド食を取ったグループ、
適度にマインド食を取ったグループ、
あんまりマインド食をとらなかったグループ、
の結果は?
 
 
マインド食を厳格に取ったグループの人たちが、
あまり取っていなかったグループの人たちに比べて、
認知症が進むリスクが53パーセントも低かった
と言う結果が出ています。
 
 
マインド食を適度に取ったグループの人たち
発症リスクが35パーセント低かったと言う結果も出ていて
マインド食の部分的な実施でも認知症発症予防効果が期待できる
という事が分かっているんですね。



では何を食べる食事法か?

では何を食べる食事法かと言うと、
積極的に取るべき食べ物は。
 

野菜
 
 
 

ナッツ類
 
 
 

ベリー類
 
 
 

豆類
 
 
 

全粒穀物
 
 
 


 
 
 

鶏肉
 
 
 

オリーブオイル
 
 
 

ワイン
 
 
 

ポリフェノールに注目!!

この中の脳に良いとされるベリー類ですが
ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー
いちごなどには優れた抗酸化作用を持つ
ポリフェノールが豊富に含まれています。
 
 
70歳以上の女性およそ1万6千人対象とした研究結果では
ベリー類をよく食べる人は認知機能の低下が最大2.5年遅い研究もあるそうです。
 
 
逆に、
食べ過ぎないほうがいい食べ物はといいますと。
動物性脂肪、あまいもの、ファーストフード
が含まれています。
と言う事は結局日本人は日本食を食べるのが
一番良いということですね。
でも和食は少し塩分が多いので、
その点を気を付ければとおもいます。



タイトルとURLをコピーしました