今流行りのアドレスホッピングとは?雑誌も出ている?

未分類

今流行りのアドレスホッピングとは

アドレスホッピング、
ききなれない言葉かもしれませんが、
アドレスホッピングをするアドレスホッパーの
第一人者である市橋正太郎さんが提唱したライフスタイルで、
特定の住所をもたずにコリビングサービス低額で住める場所
それとかゲストハウスを活用して
各地を転々としながら暮らすことを意味しています。




 
小さな島が集まっているリゾート地を訪れて、
それぞれの島を短期間滞在して、
転々とするアイランドホッピングと言うのがあって、
その言葉にインスパイアーを受けて、
アドレス、住所と転々とするホッパー
組み合わせた造語がうまれたということです。
 
 

アドレスホッパーいわゆるノマドワーカーの
進化系ともいわれていますが、
特に決まったオフィスやデスクではたらくのではなくて、
いろんな場所で働くノマドワーカー、
会社に縛られず働きやすさを追求する
それを私生活全般にも同じスタイルにしよう
と言うのがアドレスホッピングといわれています。
 
 



最近ではアドレスホッピングの専門誌も出ているんです!!

雑誌ホッピングマガジン、
この雑誌によると定住にこだわわらない
新しいスタイルを実践するアドレスホッパーはすでに、
日本におよそ17万人以上、
世界では2035年までに10億人を超えるのではないかと言う試算も出されています。
凄いですね!!
2019年にマスコミにも結構取り上げられ
話題にもなったのですが、
その時は住所不定ホームレスみたに、
否定的なイメージもあって賛否両論声もありましたが、
でも、今わねコロナの影響もあって
リモートワークの普及に伴い
トリビングサービス
低額で住み放題そうゆうものが
ここ数年で登場してアドレスホッピングの追い風に
なっているようです。
 
 
職種にもよりますけどリモートワークで仕事が完結する
プログラマーとかウエーブデザイナー、
ライター、カスタマサポート、カメラマン
打ち合わせの多い弁護士、税理士、司法書士
なども向いていると言われています。



住所がない?住民票はどうするの?

住民票はどうなってる、選挙とかはどうするの?
当然引っ越しすれば住民票をそこへ移す、
日本の法律上ですな住民票が無いというのは不可能なんですね、
だからアドレスホッピングする人は、
どこかしらに住民票はおいているんです、
 
 
まあそれは実家だったりあるいはシェアオフィスだったりとか、
どこかしらで住民登録はしている、
だから選挙の時はその住所のある場所で
投票するということになりますね。
 
 
当然税金も払わなくてはいけません、
住民税は住民票の置かれている場所に、
通知が行きますのでそれをちゃんとチェクして、
お金を払わなければいけないです。




なんかこう
アドレスホッピングする人って、
身軽にね、全く荷物を持たずに
と言うイメージがありますが
選挙の事だったり
税金の事だったりを考えたら
思ったほど身軽で自由でと言うことも
なさそうですね。

タイトルとURLをコピーしました