入浴剤は必要か?お風呂上がりの湯冷めを防ぎ寝つきが良くなる方法

季節


冬は浴室と部屋の温度の差が大きく油断すると一瞬で体が冷えてしまいますよね
 
 
お風呂上り後は体温が高いので寒さを感じませんが
 
 
湯船で温められた血管は拡張しているため急速に体温が奪われてしまいます
 
 
そして体温が下がりすぎて寒いと感じるのが湯冷めです。




こうなると風邪やインフルエンザなどの症状を
 
 
引き起こすきっかけになりやすいのです
 
 
今回は湯冷めを防いでさらに寝つきが良くなる入浴方法をご紹介します。
 
 
ポイントは入浴剤です!!

粉末タイプの入浴剤の主要な成分は血行促進効果が期待できる
 
 
芒星硫酸ナトリウムと重装甲様清掃ナトリウムです
\SNSで話題沸騰/ BARTH 入浴剤 バース 30錠【公式店】送料無料 | 重炭酸 炭酸入浴剤 クリスマス ギフト 男性 高級 入浴剤 プレゼント 女性 オシャレ おしゃれ リラックス 温泉 保湿 無添加 乾燥肌 腰痛 肩こり 血行促進 発汗 贈り物 薬用 お風呂 退職祝い ダイエット birth
これらのミネラル成分は皮膚の表面のタンパク質と結合して楽を作り
体が放熱するのを防ぎます、
 
 
そのためお風呂からあがっても体がポカポカにする状態に保ってくるということです。
 
 
ただのお湯と入浴剤を入れたお湯入浴20分後の
 
 
皮膚の表面温度に約1度の差が生じるんだそうです
 
 
入浴剤以外にはバスルームで体を拭く
 
 
湯上がり後すぐ髪を乾かす汗などで衣類が湿ったら寝る前に着替える
 
 
温かい飲み物を飲むといった方法も湯冷めを防ぐのに効果的です。




湯冷めを防ぐとともに寝つきやすいタイミングがあります
 
 
お風呂打ててから1時間くらいで体温が下がり始め
 
 
明け方の5時から6時に一番太陽が低くなります
 
 
人間は適度に体温が下がると眠くなりますので
 
 
お風呂あがり一時間後を目安に就任すると良いとされています
 
 
寝つきの悪い方は入浴時間と就眠
 
 
時間を調整して心地よく眠れる環境を整えることが大切ですね。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました