コロナ過の中免疫力を高めるキクラゲ!!豊富なビタミンDと低カロリーが嬉しい!!

食品

キクラゲ

近年免疫力を高める栄養素を
豊富に含む食材として
キクラゲが注目されています

岐阜県東白川村で特産品化を目指して
昨年4月に通年生産が始まったキクラゲが
年末頃に品薄状態になったとの事です

今とても注目されています!!

分類上はキクラゲ科キクラゲ族のキノコです。

触感が特徴的ですよね~ コリコリしていて




中華料理に良く使われる食材で
中国では昔から不老長寿の
妙薬として知られているんですが

流通しているのは乾燥キクラゲと生キクラゲで
まぁ乾燥キクラゲの方が多いかなと思います。

収穫したキクラゲを天日干しなどで
乾燥させて長期保存できるようしたものです

一度水で戻してから調理する乾燥キクラゲ

国産きくらげ 九州産乾燥キクラゲ【300g】 | 送料無料 木耳 乾燥きくらげ 干しきくらげ 干しキクラゲ 干し木耳 日本産 大容量 業務用 きくらげ国産

生キクラゲは収穫してから一度も乾燥していない
キクラゲで乾燥させていないので長期保存には
向きませんが国産キクラゲが流通している
今だからこそ食べることができます。

【送料無料】国産きくらげ–500g(50g×10袋) 約5kgの生きくらげを使用|国産 きくらげ 木耳 キクラゲ 業務用

コリコリ感は乾燥キクラゲに比べてやや控えめです。

なんでキノコなのにキクラゲって言うのでしょうか?

諸説あるのですが

キクラゲの味と触感が干したクラゲに似ている
ことから、木に生えるクラゲだから漢字で書くと

木に耳・・・耳?

なんで耳なの?

これは日本の一部の地域ではキクラゲの事を
耳タケと表現することもあるそうで

キクラゲのあの独特の形が人間の耳に似ていたから
と言う説があります。




あとはキクラゲの学名は
Auricularia auricula-judae

ラテン語なんですが
オーリキュラジュラ オールキレーディア

オールキレーディア
小さい耳とか耳たぶと言う意味なんですね

そこから由来したそうです。

オーリキュラジュラこれは
ユダの耳、ユダヤ人の耳

一説ではイエスキリストを裏切った
ユダと関わりの深いニワトコと言う種類の

木から耳の形をしたキノコが生えてきたので
ユダの耳と名づけられたと言う話もあるそうです。

栄養の話で言うとビタミンDが豊富で
カロリーが物凄く低い低カロリーです!!

生のキクラゲであれば100gあたり13キロカロリー
と言う事で同じ重量で比較すると

キャベツやダイコンよりもカロリーの低い
食材ですので積極的に食べていきたいですね。

キクラゲは免疫力を高めると言われています
ビタミンDが沢山含まれています




栽培もそんなにも難しくなく
今新しい名産品としてキクラゲを栽培している
土地も多いそうです。

そんな中で青森県の
産業技術センター林業研究所が

アラゲキクラゲの新品種を開発した
この新品種の名前が青森キクラゲと言います

青森県の夏でも涼しい効果的に
栽培できるように改良された品種です

2014年から研究が始められ完成が
2018年色々あって昨年ようやく商品化
されました。

キクラゲ自体の特徴は少し
赤みかかった色合いで触感は
肉厚で独特のコリコリ感が
楽しめるそうです。

青森産技公式HP
https://www.aomori-itc.or.jp/soshiki/nou_ringyou/hakko/

キクラゲの旬はいつなのか?
キクラゲの旬の時期は
6月~9月の夏の時期だそうです。

6月~9月は椎茸が栽培しにくい時期で
その時期に何か作ることができないかと言うので

キクラゲの栽培に乗り出したと言う
背景もあるそうです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました