はやぶさ2帰還!!リュウグウから持ち帰ったカプセルは無事回収!!

未分類

提供JAXA
宇宙航空研究開発機構JAXAは
昨日6日の未明小惑星探査機はやぶさ2を

離れたカプセルがオーストラリア南部の
砂漠に着地したと発表

現地で待機していたJAXAのチームは
ヘリコプターでカプセルを発見し
カプセルを回収しました。

はやぶさ2と言いますと
2019年2月と7月に地球と

火星の間を回る小惑星リュウグウに着陸して
地表と地中の両方から砂をカプセルに
取り込んだとみられます




2019年4月には地表に弾丸を打ち込み
地中の物質を露出させる実験にも成功し

月より遠い天体の地中にあった砂を持ちかえれば
世界初の快挙となるんですね。

地球に着地したカプセルなんですが
100㎞四方程度の着地予定区域内で

見つかったそうで
宇宙からたどり着くには

針の穴を通す程の精密な制御が必要で
カプセルは直径40㎝

ちっちゃいんですがJAXAは
カプセルが放つ信号を頼りに

着地地点を特定できたそうです。

専用の密閉容器に入れまして
早ければ8日には日本へ到着する見通しとなっています。

この砂をこれから研究されんのですが
一体何が分かるかと言いますと




小惑星は地球のような惑星になりそこなった
天体で太陽系が誕生した約46臆年前の様子を残す

太陽系の化石と言われているようです

もしかしたら、地球になったかもしれない

地球はこうゆう所から始まった
と言う事が分かるそうです。

なかでも竜宮は生命の元になる
炭素が豊富なタイプの小惑星で

地球の生命は太古の地球に衝突した
小惑星が含んでいた有機物や水分が元に

なったとされる仮説があるそうなんですね

なのでリュウグウの砂を含む物質を調べれば
我々地球の生命が何処から来たのか?

太陽系の成り立ちに迫る手がかりを
掴めるのではと言われています。
提供JAXA
今回のはやぶさ2
凄いです!!

今後ですね、残りの燃料がまだあると言う事で
旅たちました・・・!!

次は地球と火星の間を回る小型の小惑星の調査
に向かうと言うのです。

到着2031年7月頃だそうですので
11年後!!

何処迄行けるんでしょうか
今回も6年ぶりに帰ってきましたので

ここから11年の旅にでる
11年掛かって行くのでまた戻って来るのに

それなりの時間がかかりますのでね。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




タイトルとURLをコピーしました